top of page

高校生平和大使が外務省訪問

大きな成果をあげた第15代高校生平和大使の国連訪問ですが、各地に帰った高校生平和大使たちは、今後の核兵器廃絶や平和な世界の実現に向けての活動に活かすために、それぞれがんばっています。

榛葉副大臣が感謝状を贈呈

今回、外務省軍備管理軍縮課の皆さんとの意見交換会を持ったらどうだろうかという話があり、高校生平和大使の外務省訪問が実現しました。 10月10日、高校生平和大使13人とOG4人が外務省軍備管理軍縮課を訪問し、榛葉外務副大臣へ活動報告をおこなったあと、副大臣から被爆地の声を世界に伝えるなど多大に貢献したとして感謝状の贈呈がありました。 その後、外務省軍縮管理課の皆さんとの懇談をおこないました。日本外交とりわけ平和の分野での最前線にいる外交官の皆さんとの懇談は大変意義あるものでした。  翌11日は、1954年ビキニ環礁でのアメリカの水爆実験によって死の灰を浴びた第五福竜丸記念館を訪問しました。安田館長に説明していただき、大変、有意義な見学ができました。 その後、高木義明元文部科学大臣ほかの国会議員の皆さん、さらに、元国連軍縮大使であった猪口邦子さんを表敬訪問し、大変喜んでいただきました。最後に、東京の平和大使であるポッター英実里さんの大妻中野高校を訪問、高校生と交流して全日程を終えました。 今回の外務省訪問は、高校生平和大使の活動の広がりと質的な深まりを感じるものとなりました。



閲覧数:27回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page